FX業者の良い所と悪い所

FX業者のスプレッドは各社でどうして違うのか

自主ルールにのっとり証拠金を守って行くという投資姿勢を確立していくことが大事ですが、多くのFXで成功をした方たちは口をそろえ証拠金を得らさないということがFXの最大の投資戦略であるといわれていて、その位証拠金を維持していくということは利益を上げていくことより難しいですが、これを肝に銘じ取引していけるのかということが、相場で生き残っていることができるかといった大きな分かれ目になっていることを認識しておきましょう。そして自ら設定をしたルールをストイックに守れるような方こそがFXで成功していけるのです。そして、FX業者はもともと取引数量に応じた取引手数料を利益の源泉として設定していたわけですが、国内における熾烈な競争環境の中、ほとんどの店頭FX業者は取引手数料無料を打ち出していて、取引所FXの業者もこうした流れに追随していくことになったわけです。そして今取引手数料を徴収していくことはほんの一部の店頭FX業者と証券系FXなど数えるほどの会社になっています。そしてこうした中、業者が確保していく数が少ないものの一つがスプレッドになっています。そして基本的にスプレッドはインターバンクから提示される価格に含まれていて、通常はその上にFX業者がマージンを設定しているものとなります。そして、このスプレッドも国内個人投資家の6割が利用するといわれちえるドル円はとても狭いものになっていて、それ以外の通貨は必ずしもすべて最狭の設定になっているわけではなく、取引する通貨ペアごとにしっかりチェックしましょう。

 

 

FX三大通貨以外の通貨の魅力

 

青田買いという言葉もあるとおり、今あまり注目されていない通貨の潜在価値を見いだすことで長期的に視野を入れたFX業者選びをしていきましょう。
まず世界で流通量がある通貨はアメリカドルと円とユーロだそうで、以外にも日本円の価値は世界から見て高いようです。
安定通貨は小さな上下を繰り返しFXでは利益をあげにくいところがあります、
そのため不安定ながらも大きな伸びがある通貨を見て、将来のチャンスを垣間見るのもいいかもしれません。
例えばカナダドルですが、カナダといえば北米でアメリカに並ぶ雄として有名ですが、ここ10年では2007年にピークをむかえてそのあと下落していましたが、2013年あたりから緩やかに上昇してきています。
アメリカとの関係も強いので、アメリカ経済に影響を受けているところが見られます。
このまま上がり続けるか見物だと思います。
アジアとヨーロッパを繋ぐトルコですが、通貨のリラはこちらも2007年を境に一気に下落しています。
世界経済にあまり連動していないのか、最近ではピーク時の価値が半分近くになっていて、数年間ではあまり目立った動きがない状態となっています。
一方アジアに目を向けると、中国の人民元が大きく上がっているところが目立ちます。
リーマンショックにもあまり影響を受けていないのか、あるいは2008年の北京オリンピックでその勢いを持ちこたえると、2013年には大きく価値を飛躍させています。
現在でもその勢いに目立った陰りがないことから世界経済大国の仲間入りを果たし、この勢いが持続されるのではないかと考えられます。
アフリカでは南アフリカ共和国のランドが、FXでは賑わいがありますが、2006年よりその勢いはだんだんとそがれてきています。
現在はその時代の半分近くに落ち込んでいるようです。
為替のレートとしては、ここ数年間は低く安定していることから、落ち着きが出てきたのかもしれませんが、しかしこれからのアフリカ経済にどういう影響を与えるか注目が集まります。

 

 

私がFXを始めるキッカケ

 

私は子育てママです。
始めたキッカケは、毎日子育てに追われる日々。よくよく考えると子供を産んでから自分の時間と言うものがなく…
いつもと同じ生活を繰り返していました。
子供が少し手が離れ何か出来ないか捜していたらFXを知り半信半疑。そんな簡単に儲かる訳ないと…
色んな人の意見も参考にしてたら私は、FXの開講をするのに何ヶ月か迷いに迷いました。
入念に悩んだ結果1,000単位のFXから始め、
まだ始めて一年生です。
3万円からスタートし、現在はマイナス1000円の赤字です。やっぱりかぁ~
FXは、そんなすぐには稼げませんが暇があれば数分で何百円か儲かります。
チリも積もれば山となる。
一時期は、マイナス7,000円にもなりましたが、頑張って頑張ってチリを集めたらプラスになりましたよ。
欲を出すと返って大損するので私は単発で気長に増やして行こうと思います。

 

そんなFXですが、始めたばかりの頃はチンプンカンプンで何??何??と調べたりしてましたが考え過ぎて頭が痛くなったり…結局分からないままになったり。(笑)
とりあえず取引の仕方と名称だけは覚え、チャートの動きは実践のみに限ります。
最近は、少し自分がチャートが上がりそうだなぁ~下がりそうだなぁ~って思って当たった時、とても楽しいと思えるようになりました。FX始めて知ったのですが土日は休みなので土日は、子供との時間も大切に出来ますよ。
今はマイナスですが、1,000単位でプラス2万円稼げたら10,000単位で頑張ってみようと思います。

 

 

FXは株よりももっと手軽にできる取引

 

世の中の仕組みというものが変わってきますと、当然のことですが、為替市場の相場というものも、自然、変化していくものなのですね。今、多くの方に注目されているFXという取引にも、これはズバリあてはまるものだと思います。株取引もその点は同じですが、FXは株よりももっと手軽にできるとあって、そこが人気なのですね。

 

手を出しやすい取引、ということを考えていくと、このFXは株よりも少額から始められますから、リスクを考えた場合、これはやりやすいと言える。また、これはFXの利点にあげられることなのですが、24時間、いつでも世界各国で取引されているということ。これは忙しい人にはとってもありがたいですね。

 

でも、いくら少額から始められるからといって、いい加減な気持ちでやるのは考えものです。少ないお金でも、やり続ければ大きな損害にもなるのですから。やっぱりやるからには社会情勢などをしっかり勉強していた方がおもしろい。これを徹底的に真剣に考えて始めるのがいいでしょう。

 

そうすれば、自然、ベストな買い方も分かってくるものです。そういうところに利点があるのだと思います。株取引と言いますと、これは本当に難しいものだと構えてしまいがちでした。ものすごく知識がないとなかなか手が出せない。そう思っていた方もけっして少なくないでしょう。でも、FXは違うのです。

 

FXは少ない予算でも大きな取り引きが可能となります。しかし、この取引を始める前に心しておきたい事は、あくまでも自分が管理できる範囲内でやるということ。少しずつですが、わかったような気がしてきました。

 

現代では投資に関心を持たれているという方も多くなってきており、様々な投資ジャンルが人気となっておりますが、
数多くの投資の中でもFX取引は初めての方でも参加しやすいということで利用者も増加傾向になっております。
FXトレードは為替取引の一つであり特定の通貨ペアの為替レートの動きを予測して利益を狙うというものであり、
基本的に為替レートを示すチャートなどがある程度読めるようになれば、意外と利益が得られやすくなってくると考えられます。
ここ数年ではFXトレードに関してもシステムトレードが充実するようになってきており、
初心者の方であまり専門用語が分からないという方であってもアプリなどをクリックするだけでも取引を成立させることが可能になっております。
初めてFXに参加されるという方や、FXに関する知識があまりないという方にとっては少なからずリスクもありますが、
こうしたシステムトレードなども上手く活用することでロスカットも上手に出来ますので損失も最小限に抑えることが可能となります。
FXトレードで上達するコツとしては、やはり為替取引の経験をできるだけ多くするということに付きますので、
最初のうちは損失をあまり出さないように少ない資金で取引回数を増やすというのも上手な方法であると考えられます。
為替取引に慣れてくることによって両建てなどの取引も出来るようになってきますし、複数通貨を同時にぽ人ションすることも、
それほど難しくなく出来るようになってきますので、複数の取引を併用することでより利益を狙いやすくなってくるのです。
またFXの持っている大きな特徴としてレバレッジという概念がありますのが、これは低資金であっても、
高レバレッジに設定することによって、為替取引において大きな取引を実現できるという仕組みであり、
手元にある資金が少なくて大きな利益を狙えないという方でも、ハイレバレッジに設定することで大きな利益を追求できるようになってきます。

続きを読む≫ 2015/06/22 15:47:22

みなさんはFX取引を行ったことはありますか。最近はNISAやアベノミクスの影響等により、投資をする方が年々増えている現状にあります。しかし、なかなか満足のいく成果を残すことは難しいのではないでしょうか。

 

私はこれまで8年間FX取引を行ってきました。当然ながら最初からうまくいったわけではなく、今でも確実に勝てる方法というのを持っているわけではありませんが、途中からは年間でもある程度の大きな利益を出せるようになってきました。

 

FX初心者が陥りがちなこととして、とにかく目先の利益を追ってしまうということではないでしょうか。FXのチャートは1分足から年足まで実にさまざまな時間軸のチャートを瞬時で切り替えて表示することができます。世間ではよく、5分足を見て取引をすると良いとか、何の根拠があるのか分かりませんが、著書において提唱されています。
しかし、自分に合う時間軸というのは人それぞれです。自分の得意なスタイルを持っていない方が5分足を真似て取引しても、巻けることだってあります。

 

大切なことは、まずは大きい動き、せめて月足・週足を先にチェックしてほしいのです。為替は日々思いがけない動きをしたりするものですが、年や週レベルの動きは、昔から一定の枠に収まっている場合がほとんどです。ただ、一定の枠内での動き方はいつも一律ではないため、予想が難しいのです。

 

ということは、年や週足枠で下限や上限となっている値に注目し、自分の中でシミュレーションを行うのです。現在値で注文をして、仮に逆方向に動き、最悪下限まで下落した場合、いくらの損失額が想定されるから、資金はこれだけ用意しておこう、といった考え方です。
あらかじめ最悪の場合を想定しておけば、自分の中では対策ができているので焦ることはないのです。
逆に目先だけ追っていると、上記のような大きいスパンで見た場合の値動きに対処できないため、逆方向に動いた場合に焦ってしまい、大切な資金を溶かしてしまうのです。

 

いかがでしょうか、決して難しいことはなく、まずは落ち着いて過去の大きな動きを見ることが大切です。

続きを読む≫ 2015/06/22 15:47:22

FXで利益を上げるためにはチャートを駆使することが大切です。
チャートをうまく使いこなせることができれば、機械的な手法で取引を続けていくことができるため、ストレスがかからない取引を行うことができます。
では、チャートをどのように利用すればFXで利益を出すことができるのでしょうか。
まず、チャートを利用した手法には大きく分けて二つの手法が存在することを知っておかなくてはいけません。
一つは、トレンド系と呼ばれる相場の流れを読み取る手法です。
トレンド系は、移動平均線を主とした方法で導き出します。
トレンド系の特徴は、移動平均線などの長期的な流れを読み取ることができるツールを使って現在から未来の相場の流れそのものを読み取ることです。
FXの為替相場だけに限らず、株取引の株価などもほとんどはこのトレンドの流れに沿って相場が変動します。
これで対応できないのは為替介入などの急激な相場の変動だけであるため、全体的な相場の流れを読み取るには非常に有効な手段だと言えます。
そして、もう一つの手段がオシレーター系と呼ばれる指標を利用することです。
オシレーター系では、全体的な相場の流れを読み取るのではなくあくまでも現在の一時期のみの流れを読み取ります。
もっと簡潔に言えば、現在の相場が買われすぎなのか、それとも売られすぎなのかを読み取ることを言うのです。
オシレーター系の手法を利用すると、数値によって市場で売買をしている投資家の心情が理解できるようになります。
短期的な相場の売買では一気に流れが変わることがありますが、この流れの変化はオシレーター形の指標を見て分析することによって簡単に読み取ることができます。
FXで取引をする時には、投資家の好みによって長期的な売買かそれとも短期的な売買かのどちらかを選択することができます。
チャートの指標もそれらの投資家に対して提供されている指標であるため、自身にあった手法をまず選択しなくてはいけません。

そうすることで、効率よくFXで勝てるようになります。

続きを読む≫ 2015/06/22 15:47:22

現在は、東京時間午後2時過ぎです。お昼ご飯を食べて2時間後に相場を見ると、静かな東京時間の雰囲気が一変して、荒れ模様になっています。まず、目が行ったのが、午前に豪州中央銀行による発言で下げた豪ドル円。どうなったかなぁと思ってチェックしました。95.68の68という数字だけを見て、結局戻ってきたじゃないかと思いました。でも、開いたチャートでは大陰線が出現しています。これって、なんかおかしくない?って思い、再度確認すると、自分が思った95.68は間違いで、94.68だったことに気が付きました。さっきの発言が重しとなって豪ドル円だけが下がっていると思ったけど、全体のクロス円も下げていることに気が付きます。これは、日経平均がまた下げたのかと思いました。どうしてこうなったのかを知るためにニュースを読むと、米ドル円の円安に対しての日本の人の発言です。黒田日銀総裁は午前に、為替の動きについてコメントしない。為替は短・中期的にさまざまな要因で動く。こうやって言っていました。しかし、午後になると、ここからさらに円安はありそうにない。このように発言して、パニックになったことで一段と円買いが進みました。これは、下落してもおかしくないだろうと思います。だって、午前中と午後の発言を比べると違いは明らかです。言っていることが違うので、間違いなく動揺すると思います。東京時間がスタートしたとき95.50にいた豪ドル円は、日本の人の発言によって1円近くも下げました。大変動が起こる前は、静まり返っていて、きっとこのまま東京時間が終わるんだろうと思っていました。まさかこの後にチャンスが訪れるなんて思ってもいなかったので、とてもびっくりしているし、どうしてパソコンに張り付いていなかったんだろうって、後悔しています。一番思うことは、発言がある前の東京時間がスタートしたときに豪ドル円を売っていればよかった。そしたら今頃80PIPS近い利益が手に入っています。80PIPSって本当に夢の数字。

続きを読む≫ 2015/06/22 15:46:22

為替取引というものは簡単なものではありません。そして、大きな損失を出すことも多いのです。そんなことから、為替取引の業界では、約9割の人がうまくいかずに撤退するともいわれます。FX取引というものは、こんな為替取引の中でも特に難しいものです。そして、リスクも大きいです。したがって、FX取引をおこなったもののうまくいかずに撤退する人の割合は、もっと大きなものかもしれません。
しかし、その一方で、大きく稼いでたくさんの利益を出している人もいると考えられます。FX取引というものは、レバレッジを利用しているのです。したがって、利益を出すことができた場合には、その金額は一般的な為替取引よりもずっと大きなものになります。これがFX取引の魅力だともいえるのです。多くの人たちが撤退するといわれる中で、確実に大きく稼いでいる人たちがいることも見逃せない事実だといえるのです。
さて、こんなに難しそうな取引において、利益を出している人というのは、どのような人たちなのか興味をそそられると考えられます。そして、まず、このような人たちは、甘い気持ちでFX取引を始めたのではないと考えられます。よくFXの広告などで、少ない自己資金で始められるとか、取引は簡単だとかかかれていることがあります。このような広告につられて軽い気持ちでFX取引を始めた人は、大きな損失を出してしまうことが考えられます。
FX取引でうまく利益を出している人は、FX取引のために費やす時間も労力もとても大きいのです。そのくらい真剣な気持ちで取引に臨んでいるのです。そして、損失を出さないように、いろいろと対策を考えているのです。たとえば、利益を確定するタイミングとか、損切のタイミングとかいったものについては、自分なりのルールを設けている人が多いのです。このように綿密な作戦を練って、十分な時間と労力を費やすことによって、FX取引において大きな利益を出せるようになるのです。そして、これは、決して簡単なことではないのです。

続きを読む≫ 2015/06/22 15:46:22

FXにおいて完全に勝ちきれる手法はありません。オプション売りが100%ではないように、もしくは株式の1円抜きが勝率100%ではないように、どんな手法もコツコツ稼いである日ドカンと負けることがあります。もしあれば誰かが真似して、一気に広まるでしょう。誰もが一度は考える必勝法ですが、市場に長くいるほどそんなものは存在しないと気付きます。今での2ちゃんねるやFXのまとめサイトをくまなくチェックし、新しい手法の研究を調査していますが、どれも何かしらの欠点を抱えています。たとえば私が多用している南アフリカランドの異業者間のスワップの鞘取りは①資金の流動性が高いこと、②同じ通貨を両建てしているので相関係数が100%であること、③長期に渡る利益が見込めることなど多くの利点を要し、愛用しています。相場がレンジに入り、安定しているときはかなり強いですが、欠点もあります。1月のスイスフランショックのようなある特定の国のカントリーリスクには対応がききにくく、資金流動が間に合わないと資金ショートしやすいことです。またマイナススワップが発生する売り建てはどんどん円高に移行していき、もち資金が減っていくので、補充が必要になります。また年利があまり見込めないことや、業者間にスワップが狭くなるとうまみがほとんど無くなるなどの点も欠点だと思います。またトレンド相場に対応したピンポン投資法は枚数を徐々にふやしていくナンピン型マイチンゲール法です。これは明確なトレンドの反転を狙っているので、1000通貨から始めればまぁ勝てるだろうと考えていましたが、実際やってみると枚数が増えると相当大きなトレンドの流れが出来上がるまで損失が膨らみ、まったく利益が出せない事態に何度もなりました。このように何かしらの強力な長所を持つ手法も、それをカバーしきれない欠点を隠し持つため、過去のデータからの検証が必要になります。また相場の取引ルールの制限が追加させると全く通用しなくなることが多々あります。投資の方法は無限大です。できるだけ複数の手法を噛み合わせて欠点のリスクを抑えるように考えた方が良いと思います。

続きを読む≫ 2015/06/22 15:46:22

FXは、実は複数種類があります。その1つに、オプションと呼ばれる商品があります。FXの派生商品の1つなのですが、上がるか下がるかを当てる売買になります。もしくはレンジの中にとどまるか、それとも外に飛び出すかを当てる売買になるのです。
ところでそのオプションの商品を利用する為には、実は試験に合格する必要があります。合格になった時にはその商品で売買をする事ができますが、もちろん不合格になった時にはお断りという事になります。
ちなみにそのオプションの商品の試験は、若干難易度は高めですね。事前に勉強しておかない事には、合格するのはやや難しい試験になります。ちなみにその出題の為の問題集などはありますので、事前に勉強をしておく事は必要でしょう。そうでないとオプションの売買をする事ができません。
ところで、昔はそのような試験はありませんでした。つまり口座を作るための申し込みの手続きを行えば、基本的には簡単に作れたのですね。一般のFXと同じく、口座を作るためのハードルはやや低めだったのです。
ところがある時から、色々とルール変更が発生しました。それでそのオプション商品では、必ず試験を受けなければならなくなったのです。もちろんその結果、口座を作る為のハードルは上がっています。
このように金融業界では、たまに口座を作るためのルール変更が発生する事があるのですね。現在一般的なFXでは、まだ試験はありません。しかし今後試験が発生する可能性もあるので、今の内に口座を作っておく方が良いかもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/05/31 10:25:31

FXでの売買をする際には、タイミングなどは大切です。タイミング次第で、大きな利益が生じる可能性もあるからです。
例えば、現在の外貨のレートが31.3になっているとします。そして、買いの注文を行いたいと思っているとしましょう。その目安として、31.0を検討しているとします。つまりこの後31.3から31.0に下がって、リバウンドの上昇が発生するイメージですね。よくあるパターンです。
ところで売買を行っている方によっては、ちょっと忙しい事もあります。少なくともサラリーマンのトレーダーの方などは、常時パソコンの前に張り付いているのは困難でしょう。
なぜならお仕事をしている以上は、もちろん職場に行かなければなりません。職場に居る時には、パソコンの画面を見る事ができませんね。会社のパソコンで無断で売買をしてしまうと、厳しい罰則が課せられる事もあります。
しかしサラリーマンの方は、たいてい携帯は持っています。その携帯に対して、メールをしてもらう方法もあるのですね。つまり上記の事例で31.0になった時には、自動的にメールを送信してもらう機能を用いる方法もあります。その方法ならば、31.0になった時にうっかり見落としてしまう事も減るでしょう。この金融商品ではタイミングが大切なのですから、メールで送ってもらう方がありがたい一面があるのですね。
特にデイトレなど短期での売買を行っている方にとっては、そのツールはとても有用だと考えられます。

続きを読む≫ 2015/05/31 10:25:31

FX、為替って初めて聞いたときは???という感じでした。20歳になるまで海外旅行にも行ったことがなかったので、そもそも為替というものがどんなものなのかもわからずにいました。初めて海外旅行に行って、為替の意味を知り、そこからFXというものにも興味を持つように。初めてみたら簡単なゲームのようではまってしまいました!

 

私はあまり難しいニュースや考え方を参考にはせずに、気楽にゲーム感覚でやっています。一番重要なのは無くなっても後悔しない金額でスタートすること!前日まで好調に推移していたので、売り時を待っていたら、翌日に大暴落!なんてことはよくあります。(ニュースをよく見て、世界の動きを知っている人はそんなことないでしょうが…)なので、私はあくまでもお小遣いの範囲内で楽しむことにしています。

 

まずは、一番簡単なドル円。これが一番見やすいですし、身近に感じます。次にユーロ円。その次にユーロドル。ドル円は一番身近ですよね。グアムやハワイなどアメリカ圏に旅行に行ったことがある人は多いはず。10年以上FXをやってきて感じるのは、だいたい2年周期ぐらいで円安・円高がやってきます。今はまさに円安。企業は嬉しいと思いますが、1ドルあたりの円の価値が安くなる=1ドルを買うのにより多くの円が必要になるってことは旅行するにも輸入品を買うにも打撃を受けます。これに対して円高は1ドルをより少ない円で買うことができるのでいろいろとメリットがあって嬉しいですね~2年くらい前の円高時には、企業がひーひー言ってましたが

 

私は急激な円高・円安局面では静観していることが多いです。あくまで隙間時間、気づいたときにスマホアプリで取引しているのでニュースに左右される時期、ぐんぐん円安もしくは円高にぶれる時期はあっという間に損切りしてしまうので。おすすめは結構フラットな時期に短期間で利益確定する方法です。あ、今なら少しはプラスだーというときに売ってしまう
まだ上がる、まだ明日。なんて欲をかいているうちにすぐに逆ブレしてしまうこと多々(汗)あくまでゲーム感覚のフラットな意識で、隙間時間にFX取引。これがおすすめです!

続きを読む≫ 2015/04/22 07:34:22

見かけ上のスプレッドが狭いといったことがあっても結果的にそれを担保するしっかりした約定力がなければ意味がないということになって、スプレッドと約定力はセットで評価して行く時代になっています。そして一部の業者は約定スピードや約定率を数値的なデータで開示していくようになっていて、ほとんどは実際に口座を開設してみてチェックしなければ実情がよく分からないということもあって、実際に使ってみて評価するといったことが大事です。そして最近はFX業者の顧客注文のカバーの仕方も注目されていて、FX業者にはインターバンク直結型のNDD方式のトレーディングを採用するところと、独自にディーリングデスクを設置し売買をしていくDD型の業者の2種類があります。そしてNDDを採用している業者のときはインターバンク直結で複数のカバー先と呼ばれている金融機関を複数持っていて約定力がとても高くて、スリッページも少ないといったことが特徴になっていて、全体的にスプレッドも狭く設定しているところが多くて、そもそも業者はすべて取引にマージンを乗せカバー先につないでいるわけであり、投資家との利益相反も損時はしないことになるわけです。そして逆にDD方式と呼ばれているものは社内にトレーダーを設置し顧客からの売買に対応する反対売買をしているところも残っていて、約定の方法を巡っていろいろなトラブルが起きる原因になっています。そしてこうしたカバー先の設定方法も業者選定にあたり重要な選択肢になる時代が来ています。

続きを読む≫ 2015/04/22 07:34:22